2019年08月18日

Joy(Tracey Thorn)

Joy(Tracey Thorn)
2012年, Buzzin’ Fly, Single
JoyJoy
Tracey Thorn

Merge Records 2012-12-10
Sales Rank : 273553

See details at Amazon
by G-Tools


収録曲
1. Joy(Tracey Thorn)
2. Joy(Acoustic)

メンバーは、トレイシー・ソーン(Tracey Thorn, vocal)、他、
プロデュースは、イワン・ピアソン(Ewan Pearson)。

★トレイシー・ソーンのシングル。クリスマス・アルバム「Tinsel And Lights」(2012年, Buzzin’ Fly)からのシングル・カットで、トレイシー・ソーンの自作曲<Joy>を2ヴァージョン収録。アコースティック・ヴァージョンは、アコースティック・ギターによる弾き語りで原点「A Distant Shore」的な美しさ。

by junn-chang, Aug.18, 2019
posted by junn-chang at 08:20| Comment(0) | Everything But The Girl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

Tinsel And Lights(Tracey Thorn)

Tinsel And Lights(Tracey Thorn)
2012年, Buzzin’ Fly, Album
Tinsel and LightsTinsel and Lights
Tracey Thorn

Merge Records 2012-10-30
Sales Rank : 4179

See details at Amazon
by G-Tools


収録曲
1. Joy(Tracey Thorn)
2. Hard Candy Christmas(Carl Hall)
3. Like A Snowman(Stephin Merritt)
4. Maybe This Christmas(Ron Sexsmith)
5. In The Cold, Cold Night(Jack White)
6. Snow(Randy Newman)
7, Snow In Sun(Green Gartside)
8. Have Yourself A Merry Little Christmas(Ralph Blane, Hugh Martin)
9. Tinsel And Lights(Tracey Thorn)
10. River(Joni Mitchell)
11. Taking Down The Face(Alan Sparhawk, Mimi Parker, Tracey Thorn)
12. Sister Winter(Sufjan Stevens)

メンバーは、トレイシー・ソーン(Tracey Thorn, vocal)、他、
プロデュースは、イワン・ピアソン(Ewan Pearson)。
英国94位。

★トレイシー・ソーンの4作目のアルバム。ランディ・ニューマン、ジョニ・ミッチェル、更にはスフィアン・スティーヴンスらのカヴァを含むクリスマス・アルバム。いにしえの初期エヴィリシング・バット・ザ・ガールを思い起こさせるハートウォームに溢れる作品集で、クリスマス・シーズン以外にも聴き続けたい一作。注目はグリーン・ガートサイト(スクリッティ・ポリッティ)作品で彼をフューチュアした<Talking Down The Tree>、これはまさに涙もの。

by junn-chang, Aug.17, 2019
posted by junn-chang at 08:02| Comment(0) | Everything But The Girl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

In The Cold, Cold Night(Tracey Thorn)

In The Cold, Cold Night(Tracey Thorn)
2012年, Strange Feeling, Single

収録曲
1. In The Cold, Cold Night(Jack White)

メンバーは、トレイシー・ソーン(Tracey Thorn, vocal)、他。

★トレイシー・ソーンのシングル。クリスマス・アルバム「Tinsel And Lights」(2012年, Buzzin’ Fly)からのシングル・カットで、ホワイト・ストライプスのカヴァ。スリル感たっぷりクリスマス、みたいな感じ。

by junn-chang, Aug.16, 2019
posted by junn-chang at 08:20| Comment(0) | Everything But The Girl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

Extended Plays 2010-2011(Tracey Thorn)

Extended Plays 2010-2011(Tracey Thorn)
2011年, Strange Feeling, Compilation Album

収録曲
1. Taxi Cab(Vampire Weekend Cover)
2. Why Does The Wind ?(Ewan Pearson Radio Edit)
3. Why Does The Wind ?(Morgan Geist Remix)
4. Why Does The Wind ?(Michel Cleis Remix)
5. Why Does The Wind ?(Andre Lodemann Remix)
6. Why Does The Wind ?(Andre Lodemann Dub)
7. Swimming(Visionquest Remix)
8. Kentish Town(Walls Remix)
9. Late In The Afternoon(Blue Daisy Remix)
10. You Are A Lover(Clock Opera Remix)
11. Sister Winter(Sufjan Stevens Cover)
12. Night Time(The xx Cover)
13. Swimming(Visionquest Remix, Ewan Pearson Re-Edit)
14. Swimming(Charles Webster Remix)
15. Swimming(Charles Webster Dub)

1曲目は、シングル<Oh, The Divorces !>(2010年, Strange Feeling)に収録のヴァンパイア・ウィークエンドのカヴァ、
2〜6曲目は、シングル<Why Does The Wind ?>(2010年, Buzzin’ Fly)に収録の同曲5ヴァージョン、
7〜9曲目は、EP<Opposites EP>(2010年)に収録、
10, 11曲目は、EP<You Are A Lover>(2011年)に収録、
12〜15曲目は、EP<Night Time>(2011年)に収録。

★トレイシー・ソーンのコンピレーション・アルバム。2010年から2011年にかけてベン・ワットのレーベル、バズィン・フライとストレンジ・フィーリングから発売された5枚のシングル、EPをコンパイルした作品集。未発表ヴァージョンの収録はないものの、シングルをまとめて聴ける重宝な一枚。

by junn-chang, Aug.15, 2019
posted by junn-chang at 08:14| Comment(0) | Everything But The Girl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

Night Time(Tracey Thorn)

Night Time(Tracey Thorn)
2011年, Strange Feeling, Single
Night Time EPNight Time EP
Tracey Thorn

Merge Records 2011-11-01
Sales Rank : 41873

See details at Amazon
by G-Tools


収録曲
1. Night Time
2. Swimming(Visionquest Remix, Ewan Pearson Re-Edit)
3. Swimming(Charles Webster Remix)
4. Swimming(Charles Webster Dub)

メンバーは、トレイシー・ソーン(Tracey Thorn, vocal)、他、
プロデュースは、イワン・ピアソン(Ewan Pearson)。

★トレイシー・ソーンのシングル。ザ・エックス・エックス(The XX)の<Night Time>をカヴァと、アルバム「Love And Its Opposite」(2010年, Strange Feeling)に収録されていた<Swimming>を、華やかなハウス仕様に仕立てたヴィジョンクエストと、あくまでもクールなチャールズ・ウェブスターのリミックスで3ヴァージョン収録。

by junn-chang, Aug.14, 2019
posted by junn-chang at 08:05| Comment(0) | Everything But The Girl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

You Are A Lover(Tracey Thorn)

You Are A Lover(Tracey Thorn)
2011年, Strange Feeling, EP
You Are a Lover EPYou Are a Lover EP
Tracey Thorn

Merge Records 2011-04-25
Sales Rank : 220473

See details at Amazon
by G-Tools


収録曲
1. You Are A Lover(Clock Opera Remix)(Balazs Havasi, Kristof Hajos)
2. You Are A Lover(Original Mix)
3. Sister Winter(Sufjan Stevens)

メンバーは、トレイシー・ソーン(Tracey Thorn, vocal)、他、
プロデュースは、イワン・ピアソン(Ewan Pearson)。

★トレイシー・ソーンのシングル。アルバム「Love And Its Opposite」(2010年, Strange Feeling)からのシングル・カットで、ジ・アンベンディング・トゥリーズのカヴァ<You Are A Lover>を、小ロック・オペラによる華やかなリミックスと、内省的な雰囲気を醸すオリジナル・ミックスの2ヴァージョン、そしてアルバム未収録のスフィアン・スティーヴンスのカヴァ、クリスマス曲<Sister Winter>を収録。

by junn-chang, Aug.13, 2019
posted by junn-chang at 08:05| Comment(0) | Everything But The Girl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

Without Me(Remixies)(Tevo Howard Featuring Tracey Thorn)

Without Me(Remixies)(Tevo Howard Featuring Tracey Thorn)
2011年, Rebirth, Single

収録曲
1. Without Me(Marcus Worgull Vocal/Dixon Edit)
2. Without Me(Hyena Stomp Remix)

メンバーは、テヴォ・ハワード(Tevo Howard, program)、トレイシー・ソーン(Tracey Thorn, vocal)。

★シカゴ・ハウスのクリエイター、テヴォ・ハワードによるトレイシー・ソーンをフューチャーしたシングル。<Without Me>(2010年, Rebirth)リミックス盤。ドイツのマーカスヴォルグルと、ロンドンで活躍するイタリア人DJチーム、ハイエナ・ストンプによるハイパーなリミックスを収録。

by junn-chang, Aug.12, 2019
posted by junn-chang at 18:39| Comment(0) | Everything But The Girl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

Without Me(Tevo Howard Featuring Tracey Thorn)

Without Me(Tevo Howard Featuring Tracey Thorn)
2010年, Rebirth, Single

収録曲
1. Without Me(Original Mix)
2. Without Me(Radio Edit)
3. Without Me(Marcus Worgull Dub/Dixon Edit)

メンバーは、テヴォ・ハワード(Tevo Howard, program)、トレイシー・ソーン(Tracey Thorn, vocal)。

★シカゴ・ハウスのクリエイター、テヴォ・ハワードによるトレイシー・ソーンをフューチャーしたシングル。ネオアコからスタートし、エレクトロ・ハウスの歌姫にまで辿り着いたトレイシー・ソーン、先鋭的なトラックに乗るソーンの知的かつ心地よい秀逸なコラボレイト作品。

by junn-chang, Aug.11, 2019
posted by junn-chang at 07:42| Comment(0) | Everything But The Girl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

Rock Will Never Die(The Michael Schenker Group)

Rock Will Never Die(The Michael Schenker Group)
1983年, Chrysalis, Single

収録曲
1. Rock Will Never Die(Michael Schenker, Gary Burden)(Edit Version)
2. Rock Will Never Die(Live)

1曲目のメンバーは、マイケル・シェンカー(Michael Schenker, guitar)、ゲイリー・バーデン(Gary Baden, vocal)、アンディ・ナイ(Andy Nye, keyboard)、クリス・グレン(Chris Glen, bass)、テッド・マッケンナ(Ted McKenna, drums)。
2曲目は、1983年11月22日の英国ロンドン・ハマースミス・オデオン公演の音源を収録、
メンバーは、マイケル・シェンカー(guitar)、デレク・セント・ホルムス(Derek St. Holmes, guitar, backing vocal)、ゲイリー・バーデン(vocal)、アンディ・ナイ(keyboard)、クリス・グレン(bass)、テッド・マッケンナ(drums)。

★ザ・マイケル・シェンカー・グループの米国盤シングル。アルバム「Built To Destroy」(1983年, Chrysalis)からのシングルカットで、マイケル・シェンカーとゲイリー・バーデンの共作、マイケル・シェンカーの泣きのギター・ソロが哀愁を誘うバラッド、<Rock Will Never Die>(オリジナルの英国盤アルバムでは<Walk The Stage>のタイトルで収録)のエディット・ヴァージョンと、同曲のライヴ音源を収録。

by junn-chang, Aug.10, 2019
posted by junn-chang at 07:01| Comment(0) | UFO/Michael Schenker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

Built To Destroy(The Michael Schenker Group)

Built To Destroy(The Michael Schenker Group)
1983年, Chrysalis, Album
限りなき戦い
限りなき戦い
posted with amazlet at 19.07.10
マイケル・シェンカー・グループ
ワーナーミュージック・ジャパン (2014-01-29)
売り上げランキング: 120,220


収録曲
1. Rock My Nights Away(Andy Nye, Gary Burden)
2. I’m Gonna Make You Mine(Michael Schenker, Andy Nye, Gary Burden, Ted McKenna)
3. The Dogs Of War(Michael Schenker, Gary Burden)
4. Systems Failing(Michael Schenker, Gary Burden)
5. Captain Nemo(Michael Schenker)
6. Still Love That Little Devil(Michael Schenker, Gary Burden)
7. Red Sky(Michael Schenker, Gary Burden, Chris Glen, Ted McKenna, Jose Luis Campuzano)
8. Time Waits(For No One)(Andy Nye, Gary Burden)
9. Rock Will Never Die(Walk The Stage)(Michael Schenker, Gary Burden)

メンバーは、マイケル・シェンカー(Michael Schenker, guitar)、ゲイリー・バーデン(Gary Baden, vocal)、アンディ・ナイ(Andy Nye, keyboard)、クリス・グレン(Chris Glen, bass)、テッド・マッケンナ(Ted McKenna, drums)、
プロデュースは、ザ・マイケル・シェンカー・グループとルイス・オースティン(Louis Austin)。
英国23位。

★ザ・マイケル・シェンカー・グループの4枚目のアルバム。シンガーのグラハム・ボネットがマイケル・シェンカーと合わずに脱退、代わりにゲイリー・バーデンが復帰、キーボードにアンディ・ナイを加えた編成による作品。まるで自身のバンドを暗示するかの如きタイトルが「Built To Destroy」に、母国ドイツを象徴するベンツを叩き壊すジャケット。マイケル・シェンカーの心象を投影したこのコンセプトは、ゲイリー・バーデンとアンディ・ナイがソングライティングに深く関わることで相対化されるとともに、マイケル・シェンカーの先鋭的かつ流麗なギタープレイが全編に鳴り響く一作。しかしながら本作をもって“ザ・マイケル・シェンカー・グループ”はタイトル通りに一旦終焉を迎え、「限りなき戦い」という邦題がアイロニカルとなる結果に。

by junn-chang, Aug.9, 2019
posted by junn-chang at 06:26| Comment(0) | UFO/Michael Schenker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする