2021年01月26日

Backdoor Man(Flavium)

Backdoor Man(Flavium)
1987年, Ivory Tower, Album

収録曲
1. Choking Floor
2. Backdoor Man
3. High Heel Boogie
4. Striking On You
5. Why I Sing The Blues
6. Blue Dress
7. Jump A Little
8. Honey Bee
9. Long Distance Call
10. You’re Gonna Miss Me

メンバーは、ジョス・ヴェルドフイゼン(Jos Veldhuizen, vocal)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Rob Goedkoop(guitar)、Eric Bagchus(bass)、unknown(drums)。
プロデュースは、Fred Rootveld。

★フラヴィウムの9作目のアルバム。求道者の如く変わらぬブルーズ魂を貫くフラヴィウム。ジョス・ヴェルドフイゼンの枯れたヴォーカルに、Anne-Geert Bonderのブルーズ・ギターが絡み合う、時代に流されない演奏集。ブルーズ・ハープが渋いクラシック・ブルーズ・ナンバー<Backdoor Man>をタイトル曲に据えるあたりはさすが。

by junn-chang, Jan.26, 2021
posted by junn-chang at 06:09| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

Resurrectio Shuffle(Flavium)

Resurrectio Shuffle(Flavium)
1986年, Boni, Single

収録曲
1. Resurrection Shuffle(Tony Ashton)
2. Daisy-Daisy

1985年10月19日のライヴ音源を収録。
メンバーは、ジョス・ヴェルドフイゼン(Jos Veldhuizen, vocal)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Rob Goedkoop(guitar)、Eric Bagchus(bass)、unknown(drums)。

★フラヴィウムのシングル。アルバム「Live Eighty Five」(Boni, 1985年)からのシングルカットで、1985年10月19日のライヴ音源(収録場所は不明)を収録。トニー・アシュトンのロックンロール・ナンバー<Resurrection Shuffle>のカヴァ、ヘヴィなミディアム・ブルーズ・ロック<Daisy-Daisy>を収録。

by junn-chang, Jan.25, 2021
posted by junn-chang at 06:08| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

Framed(Flavium)

Framed(Flavium)
1985年, Boni, Single

収録曲
1. Framed
2. Jack’s Drugstore

メンバーは、ジョス・ヴェルドフイゼン(Jos Veldhuizen, vocal)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Rob Goedkoop(guitar)、Eric Bagchus(bass)、unknown(drums)。

★フラヴィウムのシングル。ボニから発売されたシングルで、ジョス・ヴェルドフイゼンが硬派にシャウトするハード・ブギ<Framed>、インストゥルメンタルのブルーズ・ロック・ナンバー<Jack’s Drugstore>を収録。

by junn-chang, Jan.24, 2021
posted by junn-chang at 08:24| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

The Best Of Flavium(Flavium)

The Best Of Flavium(Flavium)
1980年, Ivory Tower, Compilation Album

収録曲
1. Have A Laugh
2. Can’t Get Her Out Of My Sight
3. Thumbing Back West
4. (I’m Gonna)Make It Home Tonight
5. Save Me From Sorrow
6. Highlife
7. Easy Lovin’
8. With The Wheel In My Hand
9. When The Booze Hit Me
10. Key To Your Heart
11. Go Ask The Union

1, 8曲目は、アルバム「Chalkfarm」(1976年, Ivory Tower)に収録、
2, 5, 7, 9曲目は、アルバム「’fleviem’」(1978年, Ivory Tower)に収録、
3, 10, 11曲目は、アルバム「Bad Luck」(1975年, Ivory Tower)に収録、
4曲目は、アルバム未収録曲、
6曲目は、アルバム「Pluggin’ In Your Socket」(1977年, Ivory Tower)に収録。

メンバーは、Hans Driesten(vocal, guitar, piano, harp)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Eric Bagchus(bass)、Peter Beemsterboer(drums)、Nico Groen(drums)、Peter Dijksterhuis(piano, organ)。
プロデュースは、Fred Rootveld。

★フラヴィウムのコンピレーション・アルバム。アイヴォリー・タワー時代の初期4枚のアルバムからのコンパイルで、<(I’m Gonna)Make It Home Tonight>のみアルバム未収録曲だったため貴重な収録。1970年代中期のオランダで活動した、Hans Driestenの渋いヴォーカル、Anne-Geert Bonderの情感的なブルーズ・ギターを中心としたホワイト・ブルーズ・ロック・バンドの熱く、そしてピュアなブルーズ魂の軌跡。

by junn-chang, Jan.23, 2021
posted by junn-chang at 11:02| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

A Night Live(Flavium)

A Night Live(Flavium)
1980年, Polydor, Live Album

収録曲
1. Thumbin’ Back West
2. The Thrill’s Gone
3. New Love
4. Almost Daily
6. You Just Close The Door
7. Snowball
8. Rollin’ Man
9. Nightlife
10. With The Wheel In My Hand/Baby Bouncer
11. Be Careful

メンバーは、Hans Driesten(vocal)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Eric Bagchus(bass)、他。
プロデュースは、John Sonneveld, Pim Koopmans

★フラヴィウムのライヴ・アルバム。ポリドール移籍後の女性の美脚ジャケットは継承されているものの、中身は男臭いブルーズ・ロックが充満。オリジナル曲の他B.B.キングの<The Thrill’s Gone>、フリートウッド・マックの<Rollin’ Man>、ウィリー・ネルソンの<Nightlife>をカヴァ、Anne-Geert Bonderのギターが熱い。

by junn-chang, Jan.22, 2021
posted by junn-chang at 07:31| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

Save Me From Sorrow(Flavium)

Save Me From Sorrow(Flavium)
1978年, Ivory Tower, Single

収録曲
1. Save Me From Sorrow
2. Easy Lovin’

1978年10月のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、Hans Driesten(vocal, guitar, piano, harp)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Eric Bagchus(bass)、Nico Groen(drums)、Peter Dijksterhuis(piano, organ)。
プロデュースは、Fred Rootveld。

★フラヴィウムのシングル。アルバム「‘fleviem’」(1978年, Ivory Tower)からのシングルカットで、哀愁感溢れるレイジーなスロウ・バラッド<Save Me From Sorrow>、Anne-Geert Bonderのブルーズ・ギターとPeter Dijksterhuisのハモンド・オルガンが濃厚に交差するミディアム・ブルーズ・ナンバー<Easy Lovin’>を収録。

by junn-chang, Jan.21, 2021
posted by junn-chang at 06:10| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

‘fleviem’(Flavium)

‘fleviem’(Flavium)
1978年, Ivory Tower, Album

収録曲
1. Easy Lovin’
2. Hideaway
3. Can’t Get Her Out Of My Sight
4. When The Booze Hit Me
5. A Ain’t Good Lookin’
6. Save Me From Sorrow
7. Midnight Creep
8. Have A Ball

1978年10月のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、Hans Driesten(vocal, guitar, piano, harp)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Eric Bagchus(bass)、Nico Groen(drums)、Peter Dijksterhuis(piano, organ)。
プロデュースは、Fred Rootveld。

★フラヴィウムの4作目アルバム。ドラム奏者がPeter BeemsterboerからNico Groenに交代したものの、正統派ブルーズ・ロック・スタイルは変わらず。枯れたヴォーカルを聴かせるHans Driesten、このバンドの心臓とも呼べるAnne-Geert Bonderの情感溢れるブルーズ・ギター、前作から参加したPeter Dijksterhuisのハモンド・オルガンが醸成する極上のホワイト・ブルーズ・ロック。圧巻は12分超の<Have A Ball>は、Anne-Geert Bonderの激しいギター・プレイが炸裂するハードロック! そしてフラヴィウムは本作を最後にアイヴォリー・タワーを離れてポリドールに移籍。

by junn-chang, Jan.20, 2021
posted by junn-chang at 17:42| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

Come On(Flavium)

Come On(Flavium)
1977年, Ivory Tower, Single

収録曲
1. Come On
2. Dealin’

1977年3〜5月、9月のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、Hans Driesten(vocal, guitar, harp, tuba)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Eric Bagchus(bass)、Peter Beemsterboer(drums)、Peter Dijksterhuis(piano, organ)。
プロデュースは、Fred Rootveld。

★フラヴィウムのシングル。アルバム「Pluggin’ In Your Socket」(1977年, Ivory Tower)からのシングルカットで、アルバムの冒頭を飾ったPeter Dijksterhuisのハモンド・オルガンも印象的なソリッドなブルーズ・ロック・ナンバー<Come On>と、バンドの新たなるアプローチを示したアダルト・オリエンテッドなメロディが印象的な<Dealin’>を収録。

by junn-chang, Jan.19, 2021
posted by junn-chang at 06:07| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

Pluggin’ In Your Socket(Flavium)

Pluggin’ In Your Socket(Flavium)
1977年, Ivory Tower, Album

収録曲
1. How Can I Ever Tell You
2. Dealin’
3. Somebody’s Been Talkin’
4. Highlife
5. Mama Ain’t Home
6. Come On
7. Can Someone Tell Me
8. Ring Your Bell
9. She Called ‘Round Midnight
10. Still Apart

1977年3〜5月、9月のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、Hans Driesten(vocal, guitar, harp, tuba)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Eric Bagchus(bass)、Peter Beemsterboer(drums)、Peter Dijksterhuis(piano, organ)。
プロデュースは、Fred Rootveld。

★フラヴィウムの3作目アルバム。キーボード奏者Peter Dijksterhuisが加入、全編にブギウギ・ピアノ他多彩な音を添え、バンドの音に厚みをもたらした一作。正統派エレクトリック・ブルーズ・ロックを基調としながらも、アダルト・オリエンテッドなメロディが印象的な<Dealin’>は、これまでのフラヴィウムにはないアプローチ。Anne-Geert Bonderの情感たっぷりのヘヴィなブルーズ・ギターがディープな雰囲気を作り上げる<Can Someone Tell Me>ではこのバンドの本領を濃縮。

by junn-chang, Jan.18, 2021
posted by junn-chang at 06:08| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

Chalkfarm(Flavium)

Chalkfarm(Flavium)
1976年, Ivory Tower, Album

収録曲
1. Have A Laugh
2. You Can’t Leave Me On A Sunday
3. I Wanna Leave
4. My Heart Is Locked
5. Jump And Jive ‘76
6. With The Wheel In My Hand
7. The Old Twelve Bars
8. Almost Daily
9. You Don’t Believe I7m Going
10. Snowball

メンバーは、Hans Driesten(vocal, guitar, piano, keyboard)、Anne-Geert Bonder(guitar)、Eric Bagchus(bass)、Peter Beemsterboer(drums)、
ゲストは、ボブ・ホール(Bob Hall, piano)、ドクター・ロス(Dr. Ross, vocals, harp)。
プロデュースは、Fred Rootveld。

★フラヴィウムの2作目アルバム。オランダで正統派エレクトリック・ブルーズ・ロックを奏でるフラヴィウム、その全くブレないそのスタイルが格好良すぎる。Anne-Geert Bonderのスライドも使い分けたエモーショナルなエレクトリック・ギター、白人らしいスタイルながら渋いHans Driestenのヴォーカル、そして<Jump And Jive ‘76>では英国のブギ・ウギ・ピアニスト、ボブ・ホールと米国のブルーズ・シンガー、ドクター・ロスを迎えるなど、充実のホワイト・ブルーズ。

by junn-chang, Jan.17, 2021
posted by junn-chang at 08:40| Comment(0) | Flavium | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする