2019年06月26日

The Phillip Lynott Album(Phillip Lynott)

The Phillip Lynott Album(Phillip Lynott)
1982年, Vertigo, Album
Phil Lynott AlbumPhil Lynott Album
Philip Lynott

Mercury UK 1990
Sales Rank : 11987

See details at Amazon
by G-Tools


収録曲
1. Fatalistic Attitude
2. The Man’s A Fool
3. Old Town(Phil Lynott, Jimmy Bain)
4. Cathleen
5. Growing Up
6. Yellow Pearl(Phil Lynott, Midge Ure)
7. Together
8. Little Bit Of Water
9. Ode To Liberty(The Protest Song)
10. Gino
11. Don’t Talk About Me Baby
All tracks written by Phil Lynott, except noted.

1981年のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、フィル・ライノット(Phil Lynott, vocal, bass)、ミッヂ・ユーロ(Midge Ure, guitar, keyboard on 6, 7)、マーク・ノップラー(Mark Knopfler, guitar on 9)、ジミー・ベイン(Jimmy Bain, bass on 2, 3)、スコット・ゴーハム(Scott Gorham, bass on 8)、ダーレン・ワートン(Darren Wharton, keyboard)、ブライアン・ダウニー(Brian Downey, drums on 9)、マーク・ナウシーフ(Mark Nauseef, drums on 10)、ボブ・ベンバーグ(Bob Benberg, drums on 8)、ラスティ・イーガン(Rusty Egan, drums on 2-4)ヒューイ・ルイス(Huey Lewis, harmonica on 4)、メル・コリンズ(Mel Collins, saxophone)、他。
プロデュースは、フィル・ライノットとキット・ウールヴェン(Kit Woolven)。

★フィル・ライノットの2作目のアルバム。シン・リジィの「Renegade」(1981年, Vertigo)と「Thunder And Lightning」(1983年, Vertigo)の間に発表されたソロ作品。前作「Solo In Soho」(1980年, Vertigo)同様、シン・リジィのメンバーが参加しているものの、シン・リジィっぽさはなく、あくまでフィル・ライノットのアダルト・オリエンテッドな世界を構築。といってもミッヂ・ユーロとの共作<Yellow Pearl>を再び収録している他、マーク・ノップラー参加作品まで音楽的な幅は広く、散漫。どうせならマーク・ノップラーとの共演でアルバム1枚作って欲しかったというのが正直なところ。

by junn-chang, Jun.26, 2019
posted by junn-chang at 06:51| Comment(0) | Thin Lizzy/Gary Moore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

King’s Call(Phil Lynott)

King’s Call(Phil Lynott)
1980年, Vertigo, Single
Kings Call - Phil Lynott 7Kings Call - Phil Lynott 7" 45
Phil Lynott

VERTIGO
Sales Rank : 1461843

See details at Amazon
by G-Tools


収録曲
1. King’s Call
2. Ode To Black Man
All tracks written by Phil Lynott

1979年暮れから1980年初頭のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、フィル・ライノット(Phil Lynott, vocal, bass)、スコット・ゴーハム(Scott Gorham, guitar)、マーク・ノップラー(Mark Knopfler, guitar)、ブライアン・ダウニー(Brian Downey, drums)、マーク・ナウシーフ(Mark Nauseef, drums)、ヒューイ・ルイス(Huey Lewis, harmonica)、他。
プロデュースは、フィル・ライノットとキット・ウールヴェン(Kit Woolven)。
英国35位。

★フィル・ライノットのシングル。アルバム「Solo In Soho」(1980年, Vertigo)からのシングル・カットで、マーク・ノップラーのあのギターが印象的な<King’s Call>、ブルージーなヒューイ・ルイスのハーモニカをフューチャーした<Ode To Black Man>を収録。

by junn-chang, Jun.25, 2019
posted by junn-chang at 06:08| Comment(0) | Thin Lizzy/Gary Moore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

Dear Mister Lonely Hearts(Phil Lynott)

Dear Mister Lonely Hearts(Phil Lynott)
1980年, Vertigo, Single

収録曲
1. Dear Mister Lonely Hearts
2. Solo In Soho
All tracks written by Phil Lynott

1979年暮れから1980年初頭のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、フィル・ライノット(Phil Lynott, vocal, bass)、スコット・ゴーハム(Scott Gorham, guitar)、スノウィ・ホワイト(Snowy White, guitar)、ブライアン・ダウニー(Brian Downey, drums)、他。
プロデュースは、フィル・ライノットとキット・ウールヴェン(Kit Woolven)。
英国37位。

★フィル・ライノットのシングル。アルバム「Solo In Soho」(1980年, Vertigo)からのシングル・カットで、レインボウのジミー・ベインと共作したシン・リジィ・ライクな<Dear Mister Lonely Hearts>、自作のレゲエ・ナンバー<Solo In Soho>を収録。参加メンバーは、シン・リジィのそのもの。

by junn-chang, Jun.24, 2019
posted by junn-chang at 06:24| Comment(0) | Thin Lizzy/Gary Moore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

Yellow Pearl(Phil Lynott)

Yellow Pearl(Phil Lynott)
1980年, Vertigo, Single
THIN LIZZY / PHIL LYNOTT - YELLOW PEARL - 12 INCH VINYLTHIN LIZZY / PHIL LYNOTT - YELLOW PEARL - 12 INCH VINYL
Thin Lizzy / Phil Lynott

PHONOGRAM
Sales Rank :

See details at Amazon
by G-Tools


収録曲
1. Yellow Pearl(Phil Lynott, Midge Ure)
2. Girls(Phil Lynott, Jimmy Bain, Brian Robertson)

1979年暮れから1980年初頭のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、フィル・ライノット(Phil Lynott, vocal, bass)、ジミー・ベイン(Jimmy Bain, piano)、ミッヂ・ユーロ(Midge Ure, synthesizer)、ビリー・カーリー(Billy Currie, synthesizer)、ブライアン・ダウニー(Brian Downey, drums)、ボブ・ベンバーグ(Bob Benberg, drums)、他。
プロデュースは、フィル・ライノットとキット・ウールヴェン(Kit Woolven)。
英国56位。

★フィル・ライノットのシングル。アルバム「Solo In Soho」(1980年, Vertigo)からのシングル・カットで、シン・リジィのツアー・サポート・メンバーとなるウルトラヴォックスのミッヂ・ユーロとの共作曲でシンセを多用した<Yellow Pearl>と、ブライアン・ロバートソン、ジミー・ベインとの共作曲でやはりシンセを使った<Girls>を収録。この<Yellow Pearl>以降、フィル・ライノットはシン・リジィやグランド・スラムでシンセを多用することに。

by junn-chang, Jun.23, 2019
posted by junn-chang at 22:08| Comment(0) | Thin Lizzy/Gary Moore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

Solo In Soho(Phil Lynott)

Solo In Soho(Phil Lynott)
1980年, Vertigo, Album
Solo in SohoSolo in Soho
Philip Lynott

Polygram UK 1990
Sales Rank : 19605

See details at Amazon
by G-Tools


収録曲
1. Dear Miss Lonely Hrearts(Phil Lynott, Jimmy Bain)
2. King’s Call
3. A Child’s Lullaby
4. Tattoo(Giving It All Up For Love)
5. Solo In Soho
6. Girls(Phil Lynott, Jimmy Bain, Brian Robertson)
7. Yellow Pearl(Phil Lynott, Midge Ure)
8. Ode To A Black Man
9. Jamaican Rum
10. Talk In 79
All tracks written by Phil Lynott, except noted.

1979年暮れから1980年初頭のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、フィル・ライノット(Phil Lynott, vocal, bass)、スコット・ゴーハム(Scott Gorham, guitar on 1, 4, 8)、ゲイリー・ムーア(Gary Moore, guitar on 9)、スノウィ・ホワイト(Snowy White, guitar on 1, 5)、マーク・ノップラー(Mark Knopfler, guitar on 2)、ジミー・ベイン(Jimmy Bain, piano on 6)、ミッヂ・ユーロ(Midge Ure, synthesizer on 7)、ビリー・カーリー(Billy Currie, synthesizer on 7)、ブライアン・ダウニー(Brian Downey, drums)、ボブ・ベンバーグ(Bob Benberg, drums on 6)、マーク・ナウシーフ(Mark Nauseef, drums on 8, 10)、ヒューイ・ルイス(Huey Lewis, harmonica on 4, 8)、他。
プロデュースは、フィル・ライノットとキット・ウールヴェン(Kit Woolven)。
英国28位。

★シン・リジィのフィル・ライノットの初ソロ・アルバム。シン・リジィの「Chinatown」(1980年, Vertigo)の制作に先行して録音された音源で、シン・リジィを離れ、1人のシンガーとして聴かせるアダルト・オリエンテッドな一作。ヒットした<Dear Miss Lonely Hearts>やエルヴィス・プレスリーを歌った<King’s Call>などの曲の良さ、ゲイリー・ムーアが参加した<Jamaican Rum>、スノウィ・ホワイトが参加したレゲエ・ナンバー<Solo In Soho>の他、マーク・ノップラーが参加した曲でのフィル・ライノットとの組み合わせは渋く、聴き所は多いものの全体的には散漫。特にミッヂ・ユーロとの共作<Yellow Pearl>でのシンセの使用には違和感が。

by junn-chang, Jun.22, 2019
posted by junn-chang at 08:17| Comment(0) | Thin Lizzy/Gary Moore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

Interplay(Bill Evans)

Interplay(Bill Evans)
1963年, Riverside, Album
Interplay
Interplay
posted with amazlet at 19.06.15
Bill Evans
Import
売り上げランキング: 1,182,688


収録曲
1. You And The Night And The Music(Howard Dietz, Arthur Schwaltz)
2. When You Wish Upon A Star(Leigh Harline, Ned Washington)
3. I’ll Never Smile Again(Take 7)(Ruth Lowe)
4. I’ll Never Smile Again(Take 6)
5. Interplay(Bill Evans)
6. You Go To My Head(J. Fred Coots, Haven Gillespie)
7. Wrap Your Troubles In Dreams(And Dream Your Troubles Away)(Harry Barris, Ted Koehler, Billy Moll)

1962年7月16, 17日のスタジオ録音音源を収録、
メンバーは、ビル・エヴァンス(Bill Evans, piano)、フレディ・ハバード(Freddie Hubbard, trumpet)、ジム・ホール(Jim Hall, guitar)、パーシー・ヒース(Percy Heath, bass)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones, drums)。
プロデュースは、オリン・キープニュース(Orrin Keepnews)。

★ビル・エヴァンスのリーダー・アルバム。フレディ・ハバード、ジム・ホールらを含むクインテット編成による録音で、ビル・エヴァンスらしいリリスズムを追求してきたトリオやデュオによる諸作とは異なるアプローチとなった一作。モダン・ジャズの名手たちによる演奏自体は当然のごとく上質なものの、リスナーがビル・エヴァンスに何を求めているかによって大きく評価が分かれるであろう作品で、アルバムの冒頭、あの<You And The Night And The Music>にフレディ・ハバードのオープンによるトランペットが響いた瞬間にどう思うか、或いは、ビル・エヴァンスの自作曲<Interplay>が流れた瞬間にどう感じるか、という、ビル・エヴァンスだからこその捩じれた評価に漂うアルバム

by junn-chang, Jun.21, 2019
posted by junn-chang at 06:23| Comment(0) | Bill Evans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

Moon Beams(The Bill Evans Trio)

Moon Beams(The Bill Evans Trio)
1962年, Riverside, Album
Moon Beams [12 inch Analog]
Moon Beams [12 inch Analog]
posted with amazlet at 19.06.14
Bill Evans
Imports (2017-11-17)
売り上げランキング: 240,201


収録曲
1. Re: Person I Knew(Bill Evans)
2. Polka Dots And Moonbeams(Johnny Burke, Jimmy Van Heusen)
3. I Fall In Love Too Easily(Sammy Cahn, Jule Styne)
4. Stairway To Stars(Matty Malneck, Mitchell Parish)
5. If You Could See Me Now(Tadd Dameron)
6. It Might As Well Be Strong(Richard Rodgers, Oscar Hammerstein II)
7. In Love In Vain(Leo Robin, Jerome Kern)
8. Very Early(Bill Evans)

1, 8曲目は、1962年5月29日のスタジオ録音音源を収録、
2〜4, 6, 7曲目は、1962年6月2日のスタジオ録音音源を収録、
5, 9曲目は、1962年5月17日のスタジオ録音音源を収録、
10, 11曲目は、1962年6月5日のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、ビル・エヴァンス(Bill Evans, piano)、チャック・イスラエル(Chuck Israels, bass)、ポール・モチアン(Paul Motian, drums)。
プロデュースは、オリン・キープニュース(Orrin Keepnews)。

★ビル・エヴァンス・トリオのアルバム。スコット・ラファロの急逝(1961年7月6日)後、23歳でセシル・テイラーとジョン・コルトレーンの共演アルバム「Stereo Drive」(1959年, United Artists)等に参加したベース奏者、チャック・イスラエルを新メンバーに加えて再始動したビル・エヴァンス・トリオが、ハービー・マンとの共演作「Nirvana」(発売は本作後の1964年, Atlantic)を経て録音した初アルバム。スコット・ラファロの後釜という期待を受けながらそれを見事にこなすチャック・イスラエルと、盟友ポール・モチアンと共に、ビル・エヴァンスがアルバムの冒頭と最後に自作曲を配し、スタンダード6曲とともに演奏した作品集。そしてアルバム・ジャケットの女性は、当時は女優兼モデル、後に米国オルタナティヴ・ロックの始祖ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドで活躍するニコ(!)。 

by junn-chang, Jun.20, 2019
posted by junn-chang at 06:26| Comment(0) | Bill Evans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

Undercurrent(Bill Evans And Jim Hall)

Undercurrent(Bill Evans And Jim Hall)
1962年, United Artists, Album
Undercurrent [12 inch Analog]
Undercurrent [12 inch Analog]
posted with amazlet at 19.06.14
Bill Evans & Jim Hall
Imports (2017-10-06)
売り上げランキング: 16,842


収録曲
1. My Funny Valentine(Richard Rodgers, Lorenz Hart)
2. I Hear A Phapsody(Jack Baker, George Fragos, Dick Gasparre)
3. Dream Gypsy(Judith Veevers)
4. Romain(Jim Hall)
5. Skating In Central Park(John Lewis)
6. Darn That Dream(Eddie DeLange, Jimmy Van Heusen)
7. Stairway To The Stars(Matty Malneck, Mitchell Parish, Frank Signorelli)
8. I’m Getting Dentimantal Over You(George Bassman, Ned Washington)
9. My Funny Valentine(Alternate Take)
10. Romain(Alternate Take)
7〜10曲目は、2002年のブルー・ノートの再発盤に追加収録。

1, 3〜6, 9, 10曲目は、1962年5月14日のスタジオ録音音源を収録、
2, 7, 8曲目は、1962年4月24日のスタジオ録音音源を収録。
メンバーは、ビル・エヴァンス(Bill Evans, piano)、ジム・ホール(Jim Hall, guitar)。
プロデュースは、アラン・ダグラス(Alan Douglas)。

★ビル・エヴァンスとジム・ホールのデュオ・アルバム。まずはトニ・フリゼルによるアルバム・ジャケットが強烈な印象を残す作品で、ビル・エヴァンスとジム・ホールによるインタープレイが美しすぎる一作。ジム・ホール、ジョン・ルイスの作品が各1曲の他、スタンダード4曲(再発盤では6曲)を演奏、リリシズムに溢れた繊細かつ先鋭的な二人のソロ・プレイはもちろんこと、それぞれが相手のソロのときに静かに主張するバッキングのセンスが凄い。ピアノとギターとデュオ作品としては最高位に位置づけられる至高の対話集。

by junn-chang, Jun.19, 2019
posted by junn-chang at 00:05| Comment(0) | Bill Evans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

Waltz For Debby(Bill Evans Trio)

Waltz For Debby(Bill Evans Trio)
1961年, Riverside, Live Album
Waltz For Debby + 5 Bonus Tracks
Bill Evans Trio
State Of Art (2017-10-13)
売り上げランキング: 302,610


収録曲
1. My Foolish Heart(Victor Young, Ned Washington)
2. Waltz For Debby(Take 2)(Bill Evans, Gene Lees)
3. Detour Ahead(Take 2)(Lou Carter, Herb Ellis, Jonny Frigo)
4. My Romance(Take 1)(Richard Rodgers, Lorenz Hart)
5. Some Other Time(Leonard Bernstein, Betty Carter, Adolph Green)
6. Milestones(Miles Davis)

1961年6月25日、米国ニューヨーク・ヴィレッジ・ヴァンガード公演の音源を収録。
メンバーは、ビル・エヴァンス(Bill Evans, piano)、スコット・ラファロ(Scott LaFaro, bass)、ポール・モチアン(Paul Motian, drums)。
プロデュースは、オリン・キープニュース(Orrin Keepnews)。

★ビル・エヴァンスのライヴ・アルバム。スコット・ラファロ、ポール・モチアンとのトリオによるライヴ音源で、「Sunday At The Village Vanguard」(1961年, Riverside)と同日の音源で、スタンダード4曲とマイルス・デイヴィス作品1曲、そしてビル・エヴァンスの初リーダー作「New Jazz Conception」(1956年, Riverside)に収録されていた自作曲<Waltz For Debby>を演奏、三人のインタープレイを前にしてただ聴き惚れることしかできない、神盤。ビル・エヴァンスのリリシズムに呼応するスコット・ラファロのメロディ・ラインの美しさには感嘆あるのみ。

by junn-chang, Jun.18, 2019
posted by junn-chang at 06:21| Comment(0) | Bill Evans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

Sunday At The Village Vanguard(Bill Evans Trio)

Sunday At The Village Vanguard(Bill Evans Trio)
1961年, Riverside, Live Album
Sunday at Village Vanguard [Analog]
Bill Evans
Ojc (2011-09-30)
売り上げランキング: 74,268


収録曲
1. Gloria’s Step(Take 2)(Scott LaFaro)
2. My Man’s Gone Now(George Gershwin)
3. Solar(Miles Davis)
4. Alice In Wonderland(Take 2)(Sammy Fain)
5. All Of You(Take 2)(Cole Porter)
6. Jade Visions(Take 2)(Scott LaFaro)

1961年6月25日、米国ニューヨーク・ヴィレッジ・ヴァンガード公演の音源を収録。
メンバーは、ビル・エヴァンス(Bill Evans, piano)、スコット・ラファロ(Scott LaFaro, bass)、ポール・モチアン(Paul Motian, drums)。
プロデュースは、オリン・キープニュース(Orrin Keepnews)。

★ビル・エヴァンスのライヴ・アルバム。スコット・ラファロ、ポール・モチアンとのトリオによるライヴ音源で、本録音の11日後、ラファロが交通事故で急逝(享年25歳)してしまうという訃報を経て発売された作品。三人の緊張感溢れるインタープレイに否応なく耳と心が奪われてしまう一作で、特に自作曲を2曲収録されたスコット・ラファロのプレイは尋常ではなく、僅か25歳にして示すこの表出力を聴き、ジャズ史が失ったものの大きさに改めて気づかされる傑作。

by junn-chang, Jun.17, 2019
posted by junn-chang at 06:23| Comment(0) | Bill Evans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする